セフレ作りに最適なアプリ3選! | セフレ掲示板【写真付き出会い募集】

セフレとは彼氏彼女という拘束力や重みの無い、それでいて気を許しカラダの関係を持てるライトな関係のセックスフレンドのことであり、それは不倫関係のこともあれば、独身でありながら特定のパートナーを作らず一線を画して都合の良い時に寂しさを紛らわせたり気持ちを充足させる為に恋人のような時間を過ごせる相手を指します。

かつての“セフレ”作りはアナログの世界で、例えば合コンや友人の紹介、趣味のコミュニティなどリアルな遊び場や交流の中で作られたものです。

しかし昔ながらの交流や活動の場は今もありながらも、だんだんとその場はネットの世界の領域が大きくなってきています。

昔であれば決して出会うことのなかった人達が匿名性をある程度保ちながら、今はネット上で友達作りやコミュニティ作り、趣味の仲間などに巡りあう人、結婚もネットがきっかけで結ばれる人達が増えています。

当然彼女作りもネットに出会いの場を求める男女が多いため、多種の出会い系サイト(それに紐付くアプリ)が存在しています。

そこには結婚目的や真っ当に彼氏彼女を作りたい人達もいれば、もっとライトな関係、気が合えば強い縛りのないフリーな関係(いわゆるセフレ)を求める人達も多くいるので、目的に合わせたサイト選びが声をかける方もかけられる側も時間を無駄にせず済むというものです。

女性もセフレを求めている

非婚化が言われて久しい中、かつての価値観(結婚して家庭を築く)は現在徐々に失われつつありますが、だからといって皆1人で良いというわけではなく、寂しがりや彼氏程重くなくて良いけど気の合う相手が欲しい、つまりセフレを裏では求めている女性はけっこういるものです。

そこには20歳そこそこの独身女性もいれば30代40代の既婚女性であってもそれを求める姿が存在しています。

寂しさを埋めるのに相性の良いsexは外せない手段です。

そこに相手が安心できる要素があれば、目的を同じにする相手がいれば話が早いというものです。

その需要とコツを押さえ、セフレ関係を堪能し楽しめた方が人生得というものです。

スマホアプリでセフレ探しをする人が多い事実

実際何かを求めるなら需要が多い、たくさん人がいる場所で行動するのが効率が良いというものです。

昔から商売でも人通りの多い路面に店を構えるのと同じ、ナンパも閑散とした街ではなくたくさんの見込みのいるところでやるものです。

同じ構図で、セフレをさがすのであれば、街中で目的が判然としない女性に手当たり次第声を掛けて気持ち悪がられ断り続けられるよりは、スマホを通じてお互い目的を同じくして互いの意図がわかる中で、ターゲットや趣向を絞り込んで出会えそうな場を使わない手はありません。

手軽にいつでもアクセスでき、目的明らかにゴールに向けて最短距離を狙える場が出会い系スマホアプリな訳です。

ちなみに出会い系サイトの雄、ハッピーメールの登録者数数は2500万人を超えており、一つのサイトである程度目的を同じにする人がこれだけ集まる時代です。

セフレが作れる厳選アプリ3選

セフレが作れる厳選アプリ3選

そんなスマホアプリで、人気の高いものの実績や口コミ情報をまとめてみた上で、自身の体験も交えてチェックし書き出したので参考にしてもらえればと思います

PCMAX

PCMAX

実際自身もこのサイトで同年代の女性と知り合い、会ってその日にセフレとなることができました。

40代同士で不倫関係ですが割り切って互いに求め合う仲でいます。

相手の趣味やコメントを見てアプローチでき、またオトナの体の関係を求める割合も結構多いと感じます。

一方で援交やそれに近い要求をする女性もいるので、要求要望はしっかり伝え確認し合う方が後腐れ無くていいです。

会員数も多いのでサクラは不要でしょうしいないと思いますが、業者(デリヘルや援交)は一定数潜んでいます。

ただ慣れれば見分けがつくので避けて通れます。

女性のメール返信率はPCMAX全体で82%と謳っているので、余程プロフィールに問題あったり礼儀を欠いたやり取りしなければ会えないことはないサイトです。

【運営年数】
2002年~(運営会社:株式会社マックス)
【会員数】
1500万人超(2020年9月時点)
【初回登録で貰える無料ポイント】
100ポイント(1000円相当)が初回登録を済ませば入手できます。

プロフィール閲覧にもポイント取られたりするので、他のアプリに比して出会うのにかかるコスパが良いとは言えませんが、会員数も多く素人率も高いので、セフレ作りに適していると感じます。

初回登録直後に1時間のプロフィール見放題がスタートするので、早速見ようとすると、やり取りのために本人確認を求められます。

免許証等だと5日かかる為、その1時間見放題を利用するにはクレジットカード登録による本人確認がオススメです(最低100円で10ポイント購入でも可能)。

本人確認だけ安値でクリアしてたっぷりプロフ確認して目星をつけておくのはアリです。

ミントC!Jメール

ミントC!JメールミントC!Jメール

20年超の出会い系サービスで福岡発の老舗サイト。

遊び目的が多い分、業者やなりすましもあり初心者向きではないという声もあります。

一方で無料で利用できるコンテンツが複数用意され、日記機能を回数制限なく投稿できるのでアピールする場があります。

20代が多く、7割が女性という構成は良い反面、CB(キャッシュバッカー)や業者がいるコメントも多いので、素人との見分けを注意したいところです。

【運営年数】
2001年~(運営会社:有限会社MIC総合企画)
【会員数】
600万人(2020年12月時点)
【初回登録で貰える無料ポイント】
100P(1000円相当)

会員登録で20P、メールアドレス認証で20P、年齢確認で60Pを獲得できます。

また登録後、毎日引けるログインガチャがありメール送信が無料になったり、掲示板閲覧が無料になる特典が当たります。

Jメールはメール送信が70円/通と他のサイトより高い設定なので、コストを下げる意味でもログインガチャはやった方がお得です。

ハッピーメール

ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトで会員数が最も多く遊び目的で会いやすいサイト。

とにかく老舗で全国規模なので地方在住でも出会えると評判です。

多くの利用者、体験者がブログやハウツー解説している中で高評価かつコスパ良しのサイトです。

プロフィール閲覧無料はうれしいシステムで、他のサイトでは100円等かかるものもあり、見放題なのはそれだけでもポイントが高いです(いろんな女性を垣間見れるのは楽しいしテンションも上がるというものです)。

実際ハッピーメールで女性と会えるまでのコストが、慣れた人だと700~1000円以内と言われており、他の手段(街コンやストリートナンパ)からするとお金や手間、精神的負担がさほどかからない出会い系サイトの特徴を特に表している良い例と言えます。

【運営年数】
2000年~(運営会社:株式会社アイベック)
【会員数】
2500万人超
【初回登録で貰える無料ポイント】
WEB版登録で120P(1200円相当)、プロフィール作成で20P(200円相当)で、併せて1400円相当を得る事ができます。

出会い系初心者でもとっつきやすいサイトでしょう。

WEB版の方がアダルトにアクセスしやすい

総じてWEB版とスマホ版では仕様が異なり、当然ながらWEB版の方が情報も多く使える機能や範囲も広がるので、特に目的がセフレであるならWEB版での利用をオススメします。

WEB版だと各サイトのアダルト掲示板にアクセスできるので、セフレを作れるスピード感•手応えが変わります(スマホアプリ版ではアダルト掲示板へのアクセスを制限しているアプリが多い)。

最新マッチングアプリと利用者年齢層と口コミ

最新マッチングアプリと利用者年齢層と口コミ

PCやスマホを子供の頃から利用している若い世代(20代や30代)にとって、ネット上で友達作りやコミュニティ参加にそれ程抵抗がない割合が多い上、中高年に比べどちらかというとセフレよりも彼氏や彼女探し、真面目な出会いを求めている比率も高いことから、スマホでのマッチングアプリ利用は若い世代で多い傾向があります。

【年代別おすすめアプリの紹介】

私は40代なのですが、自分が実際利用してみて10も20も年の離れた若いコよりも、世代の近い女性の方が話しやすいのは当然あります。

マッチングアプリを使う仲間の情報や、ネット上の口コミ等も踏まえて大きく下記世代に分けてそれぞれに合った傾向をチェックしてみます;

20代~30代におすすめ

①with(ウィズ)

恋活向けのアプリで名前はイニシャル表示され特定されにくく安心して使えます。

3,400円/月~利用でき、メンタリストのDaiGo監修してるだけあって心理テストや性格診断をする事で相性や共通項の多い人や相性の良い相手を選んでくれます。

実際に会えたという男性の声も多く口コミサイトに出ていますが、20代~30代の間で盛り上がっている色が濃いです。

②Omiai

恋活~婚活まで幅広く対応のマッチングアプリ。

3,980円/月~利用でき、真剣に結婚相手や恋人探しをする人向けのアプリです。

セキュリティが万全で、知り合いに知られない工夫が施されています(シークレットモードで自分がいいねした人以外にプロフィールが公開されないモードが無料で用意されています)。

悪質ユーザーは強制退会させられ、またFacebookのステータスが既婚や交際中だと入会できない徹底ぶりです。

40代~50代におすすめ

①ペアーズ

会員数国内No.1(1000万人超え)で恋活に適したマッチングアプリ。

3,590円/月~で利用でき、会員数が多いので出会いやすさに定評があります。

恋人探しのユーザーが多い為、婚活や遊び目的には向かないと言われています。

真剣な出会いを求める人向け。

会員が多いのでサクラは少ないと言われています。

業者はどのアプリでも運営側の目をかいくぐって入り込んできます。

②マリッシュ(株式会社マリッシュ)

3,400円/月~利用できる、バツイチや子持ちの再婚希望の40代、50代も多く登録する、真剣にお付き合いしたい人のためのアプリです。

離婚歴のある人や子持ちだとアプリ登録に気が引ける人も多くいるでしょうが、マリッシュでは歓迎条件なので年代的にも色々ある中、安心して取り組めるアプリでしょう。

セフレを求めるこれらのアプリ利用者達の口コミ

マッチングアプリは出会えることはできても、恋活や婚活が目的の女性が多いアプリなので、セフレ・ヤリモクを求める男性だとバレる?と無視され反応が厳しい。
目的を隠さないとならないのでなかなか効率が良くない。セフレ目的だとわかると場違いな奴と引かれ敬遠されることが多いと思う。
だからと言って悠長にメールやりとりしているとコストもかかるしなかなか会えなくてかったるい
女性と会えるけどステップ踏んで会っても、相手は出会いを求めているので合う合わないをチェック、何回か食事行ってなど回数重ねることを考えると時間かかり面倒
男性側はポイントを消費するので、会える人を手短に探し選別したいけど、彼氏を探している女性を誘い出すにはそれなりな手順を踏みかつコミュニケーション能力を必要とする
「もどかしい。ヤリモクの意図を隠してバレないように誘い出さないとならないので面倒」

アプリも良いけどセフレを作るなら出会い系サイトが確実

アプリも良いけどセフレを作るなら出会い系サイトが確実

先述のように、マッチングアプリは多くは彼氏や果ては結婚を目的とした真面目に出会いを求める女性率が高いアプリが多い為、既婚やヤリモク男性に引き気味、場違い感を感じる場面が多いことがなんとなくわかってもらえるかと思います。

逆に出会い系サイトは会う目的が一夜の恋、ライトなカラダだけの楽しみを求める女性たちも多く存在し、実際その目的(セフレ探し)で会う男女が、ネット上ブログや口コミでも散見できます。

目的に応じたツールや場を選ばないと、時間とコストをロスして目的を果たせないで終わる可能性大なので、セフレ探しであれば出会い系サイトでお相手を探しましょう。

セフレ作りにオススメの出会い系サイト

目的がカラダだけの関係、割り切りつまり“セフレ”関係と決めているのであれば、そういう相手が多くいて実績がある場で活動するのがベターです。

口コミやブログで数あるサイトを経験しレビューしている経験者や数十のアプリやサイトを渡り歩く猛者もいる中で、総じてピックアップされやすい主要な出会い系サイトをチェックしてみました

PCMAX

PCMAX

アプリ版でも上げましたが、PCMAXは出会い系サイトでメインはWEB版です。

幅広い世代の女性が登録していて絞り込み項目「セックスフレンド検索」で一発セフレ検索ができるのでコスパ重視の方にオススメ。

とはいえそこだけで攻めると業者系援交女子が見返りを要求してくることも結構あるので、範囲は広く一般項目でも数多く攻めたいところです。

日記(アポ待ち)機能があり、同じ目的の相手を探すことができます(但しアダルト書き込み禁止)。

多人数にメッセージを送ってやり取りしていると初回無料ポイントはすぐ無くなります(プロフ閲覧でポイントが消費される為)。

一人と会うのにかかるコストはざっと見積もって1500~3000円程(運良くお目当ての女性と早々にめぐりあえればコストを抑えることもできますが、ターゲットを見つけるまでに複数人とメールのやり取りを続けているとポイントがどんどん消費されていきます)。

慣れない内は期待できない相手を切り捨てる判断ポイントがわからないでしょうが、そのコツが掴めればテンポよく獲得までのコスト圧縮を図れるでしょう。

ちなみに自身は1500円プラスα程で特定の女性と気が合い、サイト内メールでのやり取りを複数回続けたところで相手女性から気を遣われてまずはメールアドレスを交換。

メールのやり取りを経て、LINE交換につながりました。

まともに活動するとすぐポイントが無くなってしまうので(プロフィール閲覧が案外ポイント食い…もちろんメール送信でも食う)、そういうものだと理解した上で戦略的に使ってください。

ミントC!Jメール

ミントC!JメールミントC!Jメール

ミントCJメールのアダルト掲示板「Hな出会い」で大人の関係前提の出会いが可能です。

これはスマホアプリだと制限がかかって使えないことがあり、WEB版ならではの機能です。

日記機能があるのでプロフィールで伝え切れない内容を書き込みアピールすることができます。

但しここは性欲を満たしてくれる風俗サービスではありません。

表現に踊らされそういう女性がいるのか、と鵜呑みにして近づくと痛い目を見るので、そこは情報を得て学習し、経験を積んでうまくコツを掴んで利用することでより目的に近づける事につながるでしょう。

20代が多く7割が女性といわれるサイトですが、口コミでは業者とCBがいるという情報が出てきます。

初心者でなく慣れた人向けと言われてます。

ワクワクメール

ワクワクメールワクワクメール

20代~50代まで幅広い世代に支持される2012年2月~の出会い系サービスで会員数は800万人を超えます。

ワクワクメールのコンテンツ利用で無料ポイントを貰いながら無料でセフレ探しが可能です。

無料登録で120P(1200円相当)がもらえます。

毎日ログインする事で300円/月、サービスポイントメール受信で200円/月、サイト内ゲームにログインする事で300円/月×ゲーム数だけもらえます(10ゲーム分やると3000円分になります)。

またゲームキャンペーン中にクリアすると、300円/月×ゲーム数とかなりポイントを稼ぐことができます。

無料で◯人とセックスできた、という人がワクワクメール体験ブログ等でも複数例でています。

地道にコツコツと日に10程のゲームにログインし続けている人達です。

コストを頭を使って抑えつつ、目的の為にできることをやって低コストでセフレと出会っています。

マッチングアプリは恋活が基本

出会い系サイト派生とはいえ、スマホ(マッチング)アプリ利用の女性達側からすると、彼氏•恋人探しでアプリを使っているところにいきなりセフレ目的男が出てくると「ふざけるな」「なんでココにこういう奴がいるの?!」となります。

素敵な出会いがしたい、気の合う人と付き合いたい、彼氏が欲しいと求めているのに、そのステップを飛び越えてカラダやSexだけの関係を求められたら女性側からしたら何のメリットがあってそれに応じないといけないの?となるものです。

マッチングアプリは恋活•婚活など、恋愛できる相手探しをする場とマーケットと捉えた方が良さそうです。

アプリでヤリモクは冷やかしの対象

繰り返しになりますが、明らかにセフレ目的の軽い奴がいるぞ、となると「お前なんかの誘いに乗らない」「勘違いヤロウ」「消えろ」と裏で思い見られるワケです。

まともに相手してくれるのは難しそうです。

場違いな人状態で入ってしまうとからかわれて終わることになりましょう。

アプリではヤリモクと思われたら一発アウト

先述したように、真面目に彼氏やパートナーを求め探してる女性、真剣に気の合う人と付き合いたいと考えてアプリを利用している女性が多い中で、ヤルことを全面に押し出していってもウザがられるだけというものです。

相手からどう思われるか、の視点が大事です。

自分が女性の側で、そういう場でただカラダ目的のヤリモク男がいたらうっとうしくありませんか?その意図(セフレ探し)を丸わかりで動いているとほとんど相手にされないか、ある程度やり取りが進んでもその意図がバレた瞬間に引かれ、バカにされて冷やかしにあうのが落ちでしょう。

相手に受け入れられれば、カラダの関係もステップを踏めばついてくるものです。

しっかり恋活するつもりで恋愛相手を求めるならばアプリで攻めましょう。

そうでなければアプリ利用は避けた方が良さそうです。

ひなツイッター事件

皆さんがヤリモク男として認識され恥ずかしい仕打ちを受けることなどが無いように、ネット上で男達が晒されてしまった事件(ひなツイッター事件)を知っておき、自分がその被害を被らないように留意しておくことが賢明です(ヤリモク男達が晒された件)。

これは2018年夏に起きたもので、自称底辺YouTuberの”ひな”が「タップル」上で自分に声をかけた男性達10人超を釣り、彼らを同じ日時•場所に呼び出して、その様子を画像に収め、こともあろうにツイッター上に投稿して世間に晒して喜ぶ、というたちの悪い事件がありました(男側からすると…)。

しかしこんなことをしでかしたお騒がせYouTuber”ひな”ですが、世間の一定数がこれら晒された男性に同情することなく、ヤリモク男達が晒されてスッキリした、と”ひな”の行為に賛同している声が多かったのです。

こうなると、いかにそういう目に遭わないかが大事になってきます。

サイバーエージェントの手掛ける「タップル」ですが、言われているのが「安全性」です。

例えば先述のWithやペアーズ等アプリでは、Facebook認証が登録の際は課せられるため、個人でも勝手をして悪質と通報されるとその後追われる、それなりな責任の代償がついてまわるシステムのため、利用者側の安心にもつながっているようです。

それが有るのと無いのとでは(このような事件を想定すると)、男性女性共に気軽さよりセキュリティ重視が大事と捉える人達にとっては、つまり真剣に恋活•婚活目的で利用する人には大事な要素となります。

トラブルなくセフレを作りたいなら出会い系サイトが良い

まとめますと、セフレ目的ならマッチングアプリより出会い系サイトが活動する場として適しているということです。

余計な被害に遭わないようにしましょう。

更に言うなら出会い系サイトであっても偽ることなく進めたほうが後が楽です。

例えば既婚者なのに独身と偽って事を進めると、後々面倒な事の方が多いので、堂々と”既婚で割り切った大人の関係望む”で良いのです。

だからといってセフレ、カラダ目的を全面に出してはデリカシーが無いというものです。

人としての礼儀、節度は持って動きましょう。

セフレ候補に高確率で出会うポイント

セフレ候補に高確率で出会うポイント

セフレ候補と出会うにはライバルに差をつけるのが一番手っ取り早いのです。
ここではセフレ候補に最短で出会うためのポイントを紹介します。

プロフィールの作り込み

プロフィール作りはかなり大事です。

自己紹介の場でこれを見て判断されます。

他の男性会員のものをチェックするのも良いですが、変に誤解されても困るのでネット上で事前に良い例など情報収集して備えるのがベターです。

何でもそうですが、上手くいっている人の真似をするのが目的成就の近道となります。

特に女性が選ぶ側なので、女性が勧めるプロフィールのコツなどをネット上で探すと早いでしょう。

その抜粋を下記に掲載します。

①写真画像は必ず載せる

どんな人かわからない人には女性はレスしません。

基本です。

笑顔で明るいイメージ、背景がごちゃごちゃしていないものが良いです。

複数あると尚良しで、趣味や趣向をイメージさせるものだとより絡みやすいですね。

②プロフィール項目は全て埋めるつもりで記入する

相手はあなたがどんな人かわからないと積極的にレスしないです。

人となりがより知れる方が付き合いやすいというものです。

ある程度さらけ出しましょう。

その方が後々取り繕う必要が減って楽です。

ある程度ありのままが良いですね。

但し身バレしない程度で書きましょう。

③自慢は控える

長所などアピールするのは大事ですが、プロフィールは自分のためのものではなく、読み手のため相手のためのものです。

女性はスゴイ人やモテる人はあまり求めていません。

誠実な、安全な、節度を持った人の方が好まれるというものです。

相手がどう捉えるかの目線で書いてみると良いですね。

④趣味や休日の過ごし方を書く

これはいつどうやって会えるというイメージを湧かせるポイントです。

アピールできるので書き込みましょう。

自分の好きなものや趣向も訴えることができます。

アプローチの方法

始め方やキッカケの作り方を考える方も多いと思いますが、まずは相手のプロフィールを見て”イイね”ボタンを押し、相手に関心を寄せてる事をわかってもらいながらメッセージを送るのが通常の流れです。

当然ながらプロフィールだけ作って待っていても出会いは始まりません。

初回メッセージは男性から送るのがマナーです。

サイトにもよりますが、自分の住むエリアや年齢帯等条件で絞り込んで、気になる女性へアプローチしましょう。

メールメッセージ文章例

LINE交換が最初のゴールで、その後LINEでのやり取りから本格的にセフレになってもらうための交渉をしていく流れです。

その前段階でメールメッセージを送り仲良くなっていくのですが、つい複数人に送り続けると倍々でポイントが消費されお金もかかります。

日記機能などを活用してアプローチを掛けていくことで、ポイントを消費せずに女性に自分を知ってもらう手段、機能等利用できるものは使った方が良いです。

ただ早々に仲良くなり気を許してもらいLINEでの連絡に展開していくことこそが肝要です。

メッセージのポイントを下記するので駆使して、気になる相手とステップを踏んで仲良くなりましょう

①初回メッセージは相手の事、プロフィールに触れた内容で送る

→自分のことばかり話しても、誰この人?となってしまいます。

多くの女性は自分がハマっているもの等を聞いてもらいたいし共感して欲しいものです。

②相手から返信が来たら間をあけずに返す

→礼儀、マナーというのもありますが、早くレスすることは相手への関心の高さを表すので、即レスしましょう。

③会話が続くように、メッセージの最後は質問形で終える

→そのままですが、できるだけ相手の趣味や好きそうな事について教えてほしい、という姿勢の質問をしていくと良いですね。

但し1つのメッセージに質問は1つ、が基本です。

④メッセージを送る時間は仕事の終わる時間以降で

→プライベートのアプリ等を平日の日中は開かないでしょうから、平日であれば19時以降、それか週末の方がレス率は高くなります。

⑤共通点、共通項を探す

→親和性を高める努力をしましょう。

人は共通点がある方が心を開きやすいので見つけない手はありません。

⑥節度ある態度、礼儀をわきまえる

→挨拶もそこそこに会おうと言ったりでは、この人は失礼かつ人のことを考えない人だなと思われてしまいます。

またいきなり馴れ馴れしく下の名前などで「◯◯ちゃんは…」などと言い出したら「キモッ!」となるかもしれません。

誠実な態度で相手目線を意識しないと、進む話も止まってしまうので、誠実かつ固すぎないさわやかできれいな日本語を使えると良いでしょう。

⑦相手のペースや語調に合わせる

→共通項に似てる面もありますが、相手の心地よいペースがあるので、そのペースを読み取って返信したり、語る口調や言い回しを真似たり。

同調効果を出してみましょう。

まとめ

これらコツを知ったところで多くの男性は面倒がりやらない人が多いので、これらのコツを使い他の人と差をつけましょう。

女性が勧める通りにやってみるとその効果がすぐわかると思います。

相手の手の内を知れるのは大事で女性が詳細を指南してくれているので、そのまま受け入れて実行すべきです。

一朝一夕に誘い出すことは特に初めはできずとも、会員数の多いサイトではトライする相手は無くなることはないので、トライアンドエラーでどんどん試し、仲良くなる事で精度を上げましょう。

自身も多くの女性から場面場面で多種の助言をもらってきましたが、若い時分は聞く耳を持たずに大半を受け流していました。

今考えると女性たちのその貴重な意見に耳を傾けておくべきだったと後悔反省しています。

ぜひやってみてください。

注意すべき出会い系サイトのシステム

メールのやりとりなどで女性が貰えるポイントやサービスなどがあり、それが目的で男性と短いメール文章でやり取りして回数を稼ごうとする女性もいます。

その額、メール受信で5円、返信して2円(例:Jメール)なので1往復で7円です。

額を考えるとこれで稼ごうというのは割に合わないですね。

CB(キャッシュバッカー)というワードが飛び交うマッチングアプリの世界ですが、バイト感覚でCBを選ぶ人はそうそういないかなと思います。

20往復して140円ですから、子供のお小遣いにもなりません。

ただ男性にとってはメール1通50円や70円ですから、悩みのタネというものです。

サクラと業者の手口

サクラと業者の手口

サクラの女性とリアルに相手を探している女性とでは動きやリアクション自体がだいぶ違います。

そもそも現実の生活の中で女性から声を掛けられる経験が無かった人が、出会い系サイトに登録した途端若くてキレイな女性から声をかけられたらおかしいと察知することです。

CB(キャッシュバッカー)か業者でしょう。

すぐに別サイトに誘い出そうとしたり、唐突にLINE ID教えてきたりします。

CBであれば会う段階まで進展すると返事が止まったりして分かりやすいです。

業者(援助系やデリヘル)やプロのお姉さん(キャバ嬢)だとその後は金ヅルとして引き出そうと金銭面での要求がスタートします。

過去キレイな女性に積極的に声をかけられる人生でなかったら、出会い系サイトやマッチングアプリを使ったからといって、いきなり若くてキレイな女性から誘われたり話がトントン進む訳無いということを冷静に捉えましょう。

お金目当てで近づいてくるのです。

サクラや業者を避ける方法

先述の業者、なりすましを極力避けておきたいところです。

例えば素人女性がHな出会いを求めているとしても、まず顔をさらけ出したりはしないので(リスクが大きい)、H系で顔出しの女性はまず業者の可能性大です。

また顔を出さないにしても胸の谷間や下着写真のアップなどを強調する画像も、まだ見ぬ相手にアピールするにしては普通の感覚ではあり得ない行為です。

業者もしくはCB(キャッシュバッカー)の可能性大です。

話の展開や内容が通わない内に「会いましょう」「会えないの?」と言ってくる女性もその類です。

また男性諸氏には人妻好きも多いと思いますが、素人人妻がプロフィールで顔出しをした上で「Hな出会いを求めてます」「セフレ募集」など言う訳ありません。

そのようなパターンに注意しましょう。

素人であればいくらセフレ相手を求めるにしても、そこは「大人な関係」あたりに抑えます。

チェックする側としては参考にしたいところですが相手目線でどう書くかなという視点が必要であり、注意が必要です。

補足で、プロフ項目に自分のエッチ度を書けるサイトアプリもありますが、最大10個のハートマークがつけられるものに、自分で9~10個つける女性、怖くないですか?そんなのはほぼ業者です。

エッチ好きな女性でもせいぜいつけるなら3~5個が普通の感覚というものでしょう。

加えてすぐ別サイトやLINEに誘い出したりするのも普通に考えればおかしな事で、それならなぜそのサイトを利用してるのか、と考えてみる事です。

単にカモを釣る場でしかないからでしょう。

それと年齢差も冷静に捉えるべき点です。

自分の後輩で45歳独身男がいますが、自身の年齢や市場価値をほぼ無視?して大真面目に付き合うなら20代じゃないと無理、30代はオバサンだとのたまうのですが、相手の女性からしたら何が理由で20歳年上のオッサンと付き合うのか…です。

他にいくらでも有望な20代、30代の同世代男性がたくさんいるのに。

そう考えれば自分の年齢帯で客観的に考えてみて、若いコが声をかけてくるということは、金目当てのカモ探しでターゲットにされたと考えるのが自然です。

慣れていて若い娘に挑む中高年もいるとは思いますが、不慣れな人が若いキレイな可愛い娘からイイねされたり会話できると夢見心地になって浮かれて自分やアプリの力で上手くいっている、と勘違いして騙されるのです。

今までそんなこと無かった事実を冷静に思い返して、ある程度自分と同年代の相手に、現実的な目線、相手目線を冷静に保ち情報収集しながら、客観的に進めるのがこれらに騙されない考え方、捉え方かと思います。

ペアーズのサクラ訴訟について

この訴訟はペアーズの親会社(米国match.com社)が2019年9月25日にアメリカ連邦取引委員会から提訴されたものです。

マッチグループが偽アカウントや誘導広告を使い50万人を不正に有料会員登録させたという疑いです(要はサクラを使っていたという訴え)。

気になるのは個人ではなく国が訴えている点です。

それなりな証拠を揃えて訴えたのでしょう。

裁判の行方はまだ判然としませんが、マッチグループの評価は堅調です。

マッチングアプリはサクラを積極的に使っている可能性がある、高いポイント代を投じてたくさんメッセージ送っているのに会う段になると急に連絡取れなくなり返信が来なくなった、サイトから出てLINEでのやり取りになったら急にテンションが下がった、月額会員を辞めようとしたら月末にメッセージが来た、という声も多くあります。

これらの男性サイドの悲しい訴えを目にすると、サイトで金を使うように男性を繋ぎ止めるサクラ要員か?!と疑いたくなるものです。

これもネット上で探すと出てきますが、1往復7円で捉えると大したことありませんが、女性を求める男性の会員数が多いアプリだとどうでしょう。

少し画像を盛ってそれなりな期待をさせ、イケるかも!とかこのコいいなと思わせメッセージを100人からもらったら。

200人なら。

それだけで1000円。

返信したら1400円。

例えばJKや学生、スマホでInstagramやらネットで稼いでいる女性にとっては副収入の一つになるかも知れません。

アプリ側もそういう人たちを完全にシャットアウトするのは難しいと思うので、やり取りして違和感や反応がそうでもないな、と思ったら即次に行くことが良いかもしれませんね。

ただ大手のデーティングサービス会社側として届け出を警察署に出して事業を行っている以上、サクラを使っていると認定されたら違法行為、男性消費者からカネを騙し取っていることになる為そんな事は絶対無いと言い張るでしょうし、実際雇ってはいないでしょう。

リスクが大きすぎてやる意味がありません。

ただサイトを形成する上では女性会員を数多く確保する必要があるので、リアルな街コン合コンなどでもそうですが、女性の会費のほうがだいたい安く設定されます。

タマが集まらないと場が成り立ちませんので(市場は仕込みが大事です)。

それに一般的にまだまだ女性の年収は男性より低いことも理由の一つでしょう。

という訳で、サクラサクラ言う前に、情報収集してコミュニケーション能力をアップさせる方が先かもです。

上手くデートできない、出会えないと憤る男性からすると、自分の女性とのコミュニケーション能力の無さ等は一先ず棚に上げ、システムのせいにして素人ではなく雇われた偽りの会員に違いない!とサクラ訴訟を起こしたくなる気持ちもわからなくはないです…ただ運営サイドの方を持つのではないですが、現に恋活やセフレ探しを成功させるどころか量産してる人達も多くいる中、他人のせいにしないで成功者に習いもっと自己能力をアップして精進する方が賢いというものです。

加えて気のない相手を即断で切って次に行く判断力を付け見極める力を養いましょう。

そうすればもっと性質の悪い業者の見極めにもつながるでしょう。

まとめ:セフレ探しならアプリより出会い系サイト

まとめ:セフレ探しならアプリより出会い系サイト

散々繰り返してきたので、似て非なるマッチングアプリと出会い系サイトの違いは捉えていただけていると思います。

セフレ探しが目的であれば、その需要がある場所、出会い系サイトで活動するべきです。

そこを見誤ることが無ければ、あとはどのサイトを選ぶかは好みの問題、自由です。

ぜひ遠回りせず各アドバイスを素直に実践して気の合うセフレを作りを楽しんでもらえれば幸いです。

おすすめ出会い系サイト一覧

ミントC!Jメール
ミントC!Jメール
初回登録で無料ポイント1000円分が貰えるうえ、無料のポイントガチャでポイントを増やすことができる!
登録女性は20代~30代
若い女性のセフレ募集が多い傾向にあり、アダルト掲示板では毎日即会い募集が毎日出ています。 PCMAX
PCMAX
初回登録で無料ポイント1000円分が貰えて、さらにアンケートなどに答えて無料ポイントがどんどん貯まる!
登録女性は20代~40代
セックスフレンド募集中の女の子に限定して探すプロフィール検索があり、セフレ探しに便利です。 ラブラブ
ラブ
初回登録で無料でサイト内コンテンツを利用できる無料ポイント2000円分が貰える!
登録女性は18歳~30代
都道府県市町村ごとに女性の顔写真が分かるのが最大の特徴で、直接メールすることができて時短に優れた出会い系サイトです。 ワクワクメール
ワクワクメール
初回登録で無料ポイント1200円分が貰えて、継続してコンテンツ利用すれば合計10000円以上の無料ポイントゲットも可能!
登録女性は20代~40代
コンテンツ豊富で、利用することで無料ポイントが増えていきます。数ある出会い系サイトの中でも完全無料でも利用可能なオススメの出会い系サイトです。 ハッピーメール
ハッピーメール
初回登録で無料ポイント1400円分が貰えるうえ、掲示板利用が無料になるチケットも定期的に貰える!
登録女性は20代~50代
会員数国内最大規模の大手出会い系サイトなので、圧倒的な数のセフレ募集が出ています。セフレゲットのチャンスを最大限にしたい人におすすめです。 華の会メール
華の会メール
初回登録で無料ポイント1500円分が貰える!
登録女性は30代~60代
特にエロいプレイ内容をセフレと楽しみたい人のおすすめのサイトです。お姉さま方に甘えたい人なども満足できる出会い系サイトですよ。