セフレから付き合って恋愛成就する攻略法 | セフレ掲示板【写真付き出会い募集】

セフレから付き合うというのは男女ともに一つの理想的な恋の形として一度は思い描く夢です。

”カラダの関係から始まって思いがけず相手の良いところを見つけてしまって好きになった”

”好きな人を早く落としたいがために既成事実としてカラダを許してしまった”

セックスが恋愛の一つの目標であることから、セックスを先にしてしまうと男女ともに本命になるのは難しくなると言われています。

しかしながら、最近の出会い系サイトの台頭により、セックスが恋のきっかけとなることも珍しいことではなくなってきているんです。

今回はセフレから付き合うという「セフレ昇格恋愛」について詳しく解説したいと思います。

セフレを好きになってしまった男女のための恋のバイブルです。

実際にセフレから付き合って恋を成就できるのか

実際にセフレから付き合って恋を成就できるのか

SNSなどの裏垢で実は結構な人がセフレから付き合うことに成功、その後結婚まで至ったという成功談は結構見られるんですよね。

なので、セフレから付き合って恋が成就するという流れは有り得る話なんです。

そしてセフレから付き合うという流れは男女比で圧倒的に女性が多いことで知られています。

これは、女性が本命男性に対して、恋人という重い選択肢ではなく、セフレという軽い選択肢を提供し、まずは友人関係よりも近いセフレ関係になるという戦略によるものです。

特に女性は友人関係から恋人になるという選択をしない人が多く、友人からというのはある意味恋愛における落とし穴という捉え方が一般的なんです。

そして元来男性は性欲が女性よりもはっきりと強いものだからこそ使える、いわゆるハニートラップで、男性に対する独占とはいかなくとも、寡占的になれるという女性の立ち位置で攻めるという恋愛戦略があるからなのです。

なので現代だからこそあり得る恋愛戦略ではなく、セフレから付き合い、本命になるというのは女性にとっては昔からある戦略であり、成功率も高いというのが事実なんですね。

一方で男性がその戦略を行おうとすると、実は結構ハードルが高いのです。

とは言え、男性側に求められる戦略をきっちりと行っていけば、女性はしっかりと男性を見直しますので、安心してください。

これもSNSなどで男性のつぶやきにセフレから付き合って結婚という話は結構見られます。

特に最近では出会い系サイトの発達により、セックスから始まる恋というのが若者にとって違和感なく受け入れられているからこそ、セフレから付き合い、結婚に至るという流れができあがっているんです。

セフレと恋人を明確に分けるものとは

セフレは男性と女性とで考え方が大きく異なるのが普通です。

これはセックスに対するカラダの反応の違いが原因となっているのが説として濃厚で、男女それぞれのセフレと恋人との違いの基準を生み出しているのです。

男性のセフレの基準は「セックスしたい都合のいい女」というもの。

男性にとっては性的な快感は女性よりも劣ると言われており、満足するためには回数が必要になって来るのが常識です。

男性の生物学的な生殖方法に原因があるとも言われていまして、複数の女性にタネをつけて回るのが「種の保存・DNAを受け継ぐこと」に有利であるがための行動なのです。

セフレというのはまさに性的快楽を得るための存在であり、タネをつけておくという相手になってくるんですね。

恋人との大きな違いは、女性として尊敬できる、つまりは子供を作る以外の面で関係したいと考えられるかどうかという点でしょう。

一方で女性のセフレの基準は「寂しさを紛らわせるための相手」というもの。

女性にとっては性的な快感は男性の数倍とも言われ、セックスのプレイ内容次第で圧倒的な性的快感と同時に求められているという満足感を得ることができるんです。

性的な快感物質は愛情を伝える手段ともされているので、女性はセックスによって擬似的な愛情を感じることができるんですね。

そのため、セフレというのは女性にとっては愛情を補充し、寂しさを紛らわせるための相手という感覚が強いんです。

一方で、女性としては本命の男性に対してセフレという関係から狙っていく戦法もあるんです。

これは明らかに女性が本命の男性に対して釣り合いが取れないとか、自信がない場合に取られる手段で、女性にとってのセフレの基準は目的によってこれらの2つに分かれるのです。

セフレから本命になれないのはなぜか

セフレから本命になれないのはなぜか

男女ともにセフレから付き合うことを目的としたときに、大きなハードルがあります。

男女でそれぞれ異なるセフレの基準があるため、そのハードルは少々異なるものになってきます。

それぞれの原因と対策を考えていきましょう。

セフレという曖昧な関係からのスタートが原因

これは男女ともに共通するセフレになれない原因の一つです。

もとよりセフレという曖昧な関係からスタートするため、男女の意識はカラダの関係だけというシンプルな状況になります。

セフレと言うのが、そもそも都合の良いときに会ってセックスするという関係のため、お互いのプライベートに触れる機会がなく、どういった人柄なのは表面上でしかわかりません。

男性側の対策としては、まずは女性との心の距離を近づけていくということでしょう。

女性の反応を見つつ、少しずつプライベートを知っていき、女性のプライベートに関わることを徐々に許してもらえるようにしていくというのがベストです。

最も難しいのは付き合っているという確証を得るときで、タイミングと女性の気持ちの高揚具合を見極める必要があります。

女性側の対策としては、押して引くというやり方が最も効果があると言われています。

カラダの関係である以上、男性にとっては性的快感が基本的なセフレの評価基準となるので、そこを利用し、しっかりと男性カラダに性的快感を覚えさせてから、駆け引きを始めるのです。

重要なのは、本気でセフレの男性を捨てる覚悟をすること。

中度半端な気持ちで接してしまうと、男性側にその心のスキを見つけられて、女性側が圧倒的に不利な立場になってしまうのです。

都合の良い異性をキープする性格が原因

これは男女ともにあるパターンですが、異性を性的快感や愛情補充のための手段としてしか見ることができず、自分本意な性生活を満喫する性格というのが根本的な原因にあります。

このタイプの男女がセフレとして関係すれば、男女ともにセフレ以上の関係を求めることなく、対等な真のセフレになれるのですが、意外とこういったパターンは珍しいですね。

基本はどちらかがセフレに対して思いを寄せるようになることが多く、対等な関係ではなくどちらかが弱い立場になるのが現代のセフレ関係の特徴なのです。

このタイプの異性をセフレにしてしまった場合、対策としてはさっさと離れるという行動以外にはありません。

このタイプはキープ癖があるために、セフレとしての別れにも慣れていることが多く、恋に至るということはほぼ期待できないでしょう。

加えてこのタイプは非常にドライかつ異性の心のスキを突くことがうまく、このタイプに引っかかった男女はくっつき離れてを繰り返す傾向が強いです。

いわゆる復縁とかよりを戻したというパターンは大体このタイプが気まぐれに関係を持っていることが原因なのです。

セフレから本命になるための3か条

セフレから本命になるための3か条

セフレから付き合って本命になるために、意識しておきたいポイントをまとめました。

これを意識しているかどうかで、ズルズルと無駄な時間をセフレとして関係していくという悲しい状況になることを避けられます。

もちろんセフレから付き合う意思がない方は気にする必要は全くありません。

カラダに覚えさせるセックスをする

セフレ関係で一番重要視される性的快感をしっかりと共有する、あるいは一方的に与えることが重要です。

男性側は女性の性的快感を開発していくことが主な目標になります。

女性は性的快感を得るポイントが複数あり、精神的・肉体的なポイントを責めて、世界で唯一人の女性のセックス理解者となることが、セフレから本命になるための近道なんです。

女性側は男性の性的快感のうち、肉体的なポイントのみを責める必要があります。

男性の性的快感には、物理的な快感と、支配的な快感が混在しているんですね。

例えばフェラチオ一つとっても、立ち位置的な関係から、男性が女性を見下ろすスタイルは支配欲求を満たすという効果があり、これはカラダに覚えさせる快感とは異なるものなのです。

支配欲求を満たすというセックスは、カラダの相性やセックステクニックとは異なり、誰でも与えられる可能性があるんです。

わかりやすく言えば、支配欲求を満たすプレイをするセフレは「簡単に替えがきく」ということになってしまいます。

女性が意識すべきなのは、肉体的なエロプレイによる快感を与えること。

女性が男性を支配する形で一方的に快感を与えることができれば、それは「替えのきかないパートナー」となり、セフレから付き合うという可能性に大きく近づくことができるのです。

期限を決めて一気に引く

これは女性が主に取るべき手段で、男性側の対策としては成功率は五分五分といったところです。

セフレという関係はお互いの合意がある限り続くという感覚があり、付き合っているという責任感が薄い関係もあって、ズルズルと続きやすいのが特徴です。

そのため、期限を決めるというアクションは非常に効果が期待できるのです。

セフレと付き合いたいと思ったときにやるべきことは3つです。

始めにカラダの関係を続けて、しっかりと快感を覚え込ませること。

積極的にセックスでのプレイを楽しみ、かつ楽しませることで、相手にとって快感とともに思い出となれば、仕込みは完了です。

次に肉体関係は3ヶ月など期限を決めて、告白をするのです。

これはセフレだけど本気になったという旨で伝える形で十分です。

この告白では基本はフラれるパターンになります。

しかしながらカラダに染み付いた性的快感は残るため、相手はセフレの関係の続投を希望することでしょう。

ここからが勝負になるんです。

最後にセフレ関係の続投を希望されてもされなくても、カラダの関係を一切やめるのです。

ここで最初に意図的に頑張った性的快感を与えるセックスが効いてくるんですね。

相手がセックス依存症のようになっていたら圧倒的に有利な立場になれるんです。

相手はどうしても我慢できず、風俗などを利用するでしょうが、得られる快感はどれもいまいちでしょう。

我慢できなくなった相手はセフレとしての関係を戻したいと考えてコンタクトを取ってきます。

ここで、すぐにでも付き合うという選択をぐっと我慢して、焦らしていく行動が重要になります。

相手にとって「高嶺の花が手に入った」と思わせられたらそのときはセフレから付き合い、結婚に至るまでの成功の道が見えることでしょう。

最終手段としての既成事実を作る

セフレとしての最終手段は既成事実を作ることです。

男女ともにこの方法はおすすめしませんが、法的な拘束力を得て絶対に付き合いというかなり強い意志をもつ方のための戦略です。

セフレ関係の男女にとって最も避けたいのが妊娠という状況です。

「できちゃった婚」まさにこれを実行するのがセフレから付き合うを通り越して結婚という関係に至るための手段なのです。

もちろんこの手段は大博打で、女性であれば相手の男性に逃げられることもありえますし、男性であれば大きなトラブルに発展しかねない状況になります。

しかし、法的拘束力としては結構強いものがあり、特に女性側に有利に働く手段でもあります。

しかしながら、これは恋愛をすっ飛ばして結婚という流れになりやすく、その後の関係性もあまり良好になることはありません。

最終手段としては強い方法ではありますが、やはりセフレから付き合って恋愛する方法をおすすめします。

セフレから付き合う戦略をしない選択

セフレから付き合う戦略をしない選択

セフレから付き合うという戦略は狙った男性や女性をある程度拘束するにはいいやり方ですが、普通に恋愛をするよりもやはり彼氏彼女に昇格するにはなかなかハードルが高いと言うことは理解しておきましょう。

とあるアンケートでは男性がセフレ関係にある女性を好きになる可能性は30%~35%程度という結果が、女性がセフレ関係にある男性を好きになる可能性は25%~30%という結果が出ています。

カラダの関係というのは恋愛における一つの目標と言えることなので、カラダから始まった関係では、他に目標を必要とする用になるわけで、これは当然セフレから付き合って恋人に昇格したい男性・女性側の努力が必要になってくるわけです。

それも人間的魅力を磨き、アピールする努力なので、普通の恋愛とハードルが同じで、かつ、目標の一つとしてのセックスがすでに達成されてしまっている状態なのです。

これはつまり人間的魅力というステータスで恋人になれるかどうかが100%決まってしまうような状態なわけで、ハードルとしては非常に高いんですね。

なのでセフレから付き合うという戦略はいわば茨の道を行くようなものなので、この戦略をしないという選択も十分に意味のあることなのです。

セフレになりやすいタイプの人

セフレになりやすい男女はカラダの関係にモラルや常識が無い淫乱な人と考えられていますが、実際のところは結構違っています。

まずはセフレになる男性から見ていきましょう。

セフレになりやすい男性の特徴は以下の4点。

  • 極度の寂しがり屋
  • セックス依存症
  • 無責任
  • 馴れ馴れしい

これらの特徴を上げると、やはりだらしない男性、お坊ちゃん系の男性など、チャラい属性をイメージしてしまうと思います。

確かにチャラい系男性は圧倒的にセフレになりやすい傾向がありますが、この特徴を持っている男性はチャラ男に限定されないんですね。

普通に働いていたり、優しい系の男性だったりしても、実は極度の寂しがり屋だったり、セックス依存的な傾向があったりするのです。

しかしこのセフレになりやすい男性については、恋人に昇格するという場合には共通して渋る傾向があるのが特徴で、セフレから付き合うためには戦略が必要になってくるのです。

セフレ関係にある男性がこのセフレになりやすいタイプの男性なのかを見極めるのも一つの戦略になるので、注意してみておきましょう。

次にセフレになりやすい女性の特徴は以下の4点。

  • 極度の寂しがり屋
  • セックス依存症
  • 自己肯定感が低い
  • 優柔不断

女性の場合は男性と同じく寂しがり屋やセックス依存的な特徴に加えて、自己肯定感が低い場合と優柔不断な特徴が見られます。

セフレになりやすいのは、女性としての自信と流される性格にあるというのが原因なんですね。

女性のセフレと言うと、積極的にセックスをする淫乱ビッチな印象がありますが、実のところ、おとなしい系の女性がセフレを複数囲うような状況があったりするのです。

このセフレになりやすい女性については、恋人に昇格するとなると実のところ結構な確率で彼女になれますが、セフレから付き合う際には注意が必要になってきます。

それは優柔不断であるということが原因で、複数のセフレとの関係を切れずにズルズルと続いて、下手をすると二股、三股なんてことにもなるかも知れません。

セフレから付き合うということの難しさ

実際にセフレから付き合って恋を成就できるのか

セフレと言うと、会ってセックスして解散という時短セックスなイメージがあるかと思いますが、最近のセフレ関係にも様々なタイプがあるんです。

従来のサバサバとした関係のドライなセフレというパターンもあれば、まるで恋人のような関係にも思えるハートフルタイプのセフレもあるんですね。

ここで注意したいのがこのハートフルセフレのタイプ。

正直言って、これは付き合っていると勘違いさせるほどに手厚い扱いのために、突然の別れにひどく傷付く人もいるほどなのです。

それぞれのセフレタイプの特徴とメリット・デメリットを見ておきましょう。

ドライセフレ

これは完全にセックスのみを目的としているセフレタイプ。

セフレというのは基本的に都合の良いときにセックスができる相手と考えています。

セフレというセックスを共有するだけの関係であり、対等という意識があるので、基本的にラブホに直行直帰で、交通費は各自負担、ホテル代は割り勘と、徹底しています。

連絡内容も、会う約束程度で、普段は一切連絡を取らないのがマナーと思っているくらいです。

ただし、セフレと共有するセックスの性的快感はこだわりを持っていて、肉体的な快感に対しては貪欲だったりします。

セフレだからこそできること、を意識している傾向が強いので、本命の彼女・彼氏とは明確に差別化するため、このタイプはめったにセフレから付き合うという流れにはなりません。

メリットとしてはセックステクを楽しめる関係であり、セフレ本来の関係と言えるところで、デメリットとしては付き合うことには期待できないというところです。

ハートフルセフレ

こちらはドライはとは大きく異なり、まさに「セックス+フレンド」という言葉のイメージが強いタイプです。

セックスと友人であるというのをイメージするとわかりやすいかと思います。

まずドライセフレと大きく異るのが連絡がマメにあること。

友人関係のように何でも話せて、レスポンスも早いというのがこのタイプの特徴です。

会う時以外の連絡ができて、友人のような関係というのがハートフルセフレと言われる所以の一つ。

そしてもう一つがデートもすること。

ただしこれは異性と恋愛的なデートと言うよりも、一緒に二人っきりで遊びに行くという感覚が強いようです。

この際は男性側が遊ぶためのお金を出してくれることが多いようですよ。

もちろん女性側も友人という意識が働いている場合には割り勘を提案するパターンもあります。

これも男女間の友情の一つという感覚で、セックス以外の時間も一緒に楽しんでくれるのです。

そしてセフレとしての本来の目的であるセックスの際も、ホテル代などは基本男性側が払います。

女性側が割り勘を提案する場合もありますが、ホテル代は男性が払うパターンが殆どのようです。

男性側にとってはセフレ関係を円満にしてトラブルがないようにしておきたいとか、よく思われたいなどの心理が働いているんですね。

女性側は基本男性との関係を彼氏彼女という縛りなく楽しみたいというタイプに多いようです。

このハートフルセフレのタイプはお互いに恋愛感情には至らないという意識が働いていれば対等なセフレ関係として理想的ですが、もし片側にそういう意識がない場合、悲惨な結果に陥ることになるんですね。

ハートフルな対応であるがために「脈アリ」「もう付き合っているんじゃないか」などの意識が芽生えてしまうわけです。

はっきり言いますと、このタイプは友人以上の意識を持ち合わせていませんので、絶対にセフレから付き合う流れにはなりません。

そういった恋人的な雰囲気を匂わすと、一瞬にして連絡が取れなくなったり、セフレ関係が終わってしまったりするので、注意が必要です。

このタイプのメリットとしては擬似的な恋人関係を楽しめること、デメリットとしてはドライセフレ以上にセフレから付き合うことはできないというところです。

付き合っているか確認するジレンマ

どちらのタイプにしろ、相手に恋愛感情を抱いて、付き合っているかの確認や、付き合いたいなどの言葉を口にするのは相当な勇気がいることでしょう。

特にこういったタイプのセフレがいるという情報を知らずに好きになってしまった場合、振られてそのまま関係が終了してしまうのはかなり傷ついてしまいます。

なのでセフレを好きになってしまい、セフレから付き合いたいと考えるようになった男女はやはりこの「付き合っているか確認するジレンマ」に囚われて、ズルズルと関係を続けてしまうことになるんですね。

しかしながら、このタイプのセフレから付き合うに至るにはかなりの難易度がありますので、そこは覚悟しておきましょう。

アドバイスとしてはこのタイプのセフレから付き合うことを潔く諦めるというのも悪くない選択肢です。

セフレという関係での目的がはっきりしているからこそ、そこから逸脱してしまった関係には未練がないというのがこのタイプの特徴ですので、さっさと次の相手を探すというのも、無駄に傷つかずに済む一つの選択肢なのです。

まとめ

セフレから付き合って恋を成就できるのかーまとめ

セフレから付き合うというのは今の時代、不思議なことではなくなってきています。

特に出会い系サイトが出てきた辺りから、セフレというのは当然の男女の関係の一つとして知られるようになってきているんですね。

しかしながらセフレ自体はセックスが目的という昔からの考えがあるのも事実で、セフレのタイプによってはセフレから付き合うというのが必ずしも成功するわけではありません。

もしセフレの本命の彼氏彼女になりたいというのであれば、それなりの努力が必要になってくるんですね。

その際はこの記事で紹介しているセフレから付き合って本命になる方法を是非参考にしてみて下さい。

あなたのセフレライフが人生を充実させることを心より願っています。

author:セフレ塾講師・みっちょ

おすすめ出会い系サイト一覧

PCMAX
PCMAX
初回登録で無料ポイント1000円分が貰えて、さらにアンケートなどに答えて無料ポイントがどんどん貯まる!
登録女性は20代~40代
セックスフレンド募集中の女の子に限定して探すプロフィール検索があり、セフレ探しに便利です。 ミントC!Jメール
ミントC!Jメール
初回登録で無料ポイント1000円分が貰えるうえ、無料のポイントガチャでポイントを増やすことができる!
登録女性は20代~30代
若い女性のセフレ募集が多い傾向にあり、アダルト掲示板では毎日即会い募集が毎日出ています。 ラブ
ラブ
初回登録で無料でサイト内コンテンツを利用できる無料ポイント2000円分が貰える!
登録女性は18歳~30代
都道府県市町村ごとに女性の顔写真が分かるのが最大の特徴で、直接メールすることができて時短に優れた出会い系サイトです。 ワクワクメール
ワクワクメール
初回登録で無料ポイント1200円分が貰えて、継続してコンテンツ利用すれば合計10000円以上の無料ポイントゲットも可能!
登録女性は20代~40代
コンテンツ豊富で、利用することで無料ポイントが増えていきます。数ある出会い系サイトの中でも完全無料でも利用可能なオススメの出会い系サイトです。 ハッピーメール
ハッピーメール
初回登録で無料ポイント1400円分が貰えるうえ、掲示板利用が無料になるチケットも定期的に貰える!
登録女性は20代~50代
会員数国内最大規模の大手出会い系サイトなので、圧倒的な数のセフレ募集が出ています。セフレゲットのチャンスを最大限にしたい人におすすめです。 華の会メール
華の会メール
初回登録で無料ポイント1500円分が貰える!
登録女性は30代~60代
特にエロいプレイ内容をセフレと楽しみたい人のおすすめのサイトです。お姉さま方に甘えたい人なども満足できる出会い系サイトですよ。